暗闇で見つけた光は暖かく、明るい

市民の会エスポワール広島 に参加された皆様へ

山田孝明

 

広島にて40代50代のひきこもりの子を持つ家族を支援する市民の会が開かれて多くの人が参加され、この問題は社会的にも深刻さを増していると言えるでしょう。

 

内閣府発表で61万が存在すると発表されました。この数字には悩まれているご家族兄弟姉妹の数字は入っていません。もしその数字を加えるとしたら200万人近くの人たちが、出口の見えない家族の苦悩や焦燥感を持ち続けていることが分かります。私たちはそんな人たちと共にいて、支え合うことが大切な活動となりました。

そして、市民の会エスポワールの活動は社会的にも大きな意義をもつことになりました

 

皆様にお知らせがあります。立ち上げに参加して頂いていた世話人の○○氏が家庭の事情で参加できないと連絡がありました。つきまして新しい連絡場所が暫定的ですが、決まりましたのでお知らせいたします。何かありましたら下記にお手紙か電話にてご連絡ください。

 

〒711-1132

岡山市北区田原14×× ○○方

市民の会エスポワール 岡山・広島事務局

090-3676-1430     

 

 

なお、4月、5月の定例会はお休みさせていただきます。

次回の講演会のおよび定例会の日時が決まり次第ご連絡させていただきます

 

 

2019年4月20日

カテゴリー: お知らせ | 暗闇で見つけた光は暖かく、明るい はコメントを受け付けていません。

4月度 定例会のお知らせ

4月14日 日曜日 pm1時30分

ライフアートにて

カテゴリー: お知らせ | 4月度 定例会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

中高年ひきこもり61万人内閣府発表

中高年のひきこもりが61万と内閣府から発表された。あくまで推定実数だが。この数字があくまで実態に近いなら社会の実相ではない。ひきこもりの人同様に家族もまた出口の見えない焦燥感や絶望感を感じている。じつは150万人近いひとが終わることのない苦悩から逃れたいと思っているかもしれないのだ。津波が足首まで来ていると思っていたら、もう腰まできているのだ。ひたすら生物学的な死を願う祈りが始まっているだろう。

カテゴリー: お知らせ | 中高年ひきこもり61万人内閣府発表 はコメントを受け付けていません。

「社会参加へ」と私たちはそう呼び掛けてきた。

カテゴリー: お知らせ | 「社会参加へ」と私たちはそう呼び掛けてきた。 はコメントを受け付けていません。

3月度定例会のお知らせ 3月3日(日)

3月3日日曜日

PM1時より

ライフアートにて 家族交流会

カテゴリー: お知らせ | 3月度定例会のお知らせ 3月3日(日) はコメントを受け付けていません。

家族の体験を語る

2月9日(土) PM1時30分より

場所 京都社会福祉会館(二条城北側

参加費 500円

長期ひきこもりの子を抱える家族の苦悩

出口のみえないことの焦燥感、そしてこの苦しみから逃れたいという思い― 3人のそれぞれのご家族が胸の内を語ります

 

主催 市民の会エスポワール

問い合わせ 090-3825-3156

 

 

カテゴリー: お知らせ | 家族の体験を語る はコメントを受け付けていません。

広島に行って来ました

カテゴリー: お知らせ | 広島に行って来ました はコメントを受け付けていません。

1月度定例会のお知らせ  1月13日(日)PM1時30分より

市民の会エスポワール

1月13日(日

PM1時30分より

東山区西町151ライフアート

カテゴリー: お知らせ | 1月度定例会のお知らせ  1月13日(日)PM1時30分より はコメントを受け付けていません。

たこ焼きとぜんざいをたべました。

すごい!集まった人々の熱気が伝わる。忘年会です。

カテゴリー: お知らせ | たこ焼きとぜんざいをたべました。 はコメントを受け付けていません。

紙に書かれた文字は彼が一人で生きた証である

今年の10月の中旬頃横浜市金沢区で起きた、自宅に母親の死体遺棄 ひきこもりの49歳長男逮捕、、、、筆談で「人と話すのが怖い」という事件が報道された。

このニュースが報道されて、多くの人がまたいろいろと考えるきっかけとなったことは明らかであろう。私もまた考えさせられた。一つは彼が緘黙症になって生活をし続けたことである。取調べにおいても筆談でコミュニケーションをしたみたいで、当然母親が倒れても、どう人に助けを求めていいかわからなかったことは理解ができる。しかし、法律は法律として存在している。敢えて私が言いたいのは、このような出来事が日本全国至るところで、毎週のように報道され始めるだろう。それも数年の間続くだろう。事件の報道が決して抑止力にならず、人々の心の荒廃がさらに進むだろう。生きている意味への問いかけさえむなしくなるだろう。私はもう手遅れだと思っている。来るところまできた。長年のひきこもりの支援って何だったのかと叫ぶのも辛い。

二つ目は、彼は今なお一人なのだろうか?もし、このようなことが京都市で起これば、市民の会エスポワールはすぐに彼に面会を求めるだろう。検察は不起訴処分として彼を社会にまた向き合わせようとするが、彼が一人ぼっちならさらに悲劇だ。警察の配慮で行政の福祉課とつながれば幸いなことだが、もしそうでなければ彼が社会でサポートが受けられるように私たちの会が活動をしなければならないだろう。横浜市にも家族会があるだろう。ましてや東京はじめ有力な会が存在している。母親の死によって、社会の介入がたとえ警察であっても、彼という存在が発見されたのである。まず駆けつけねばならないだろう。そんなことをしないでどのような施策を訴えることができるのだろうか。

紙に書かれた文字は彼が一人で生き続けたことの証である。という意味をしっかりと考えたい。

カテゴリー: お知らせ | 紙に書かれた文字は彼が一人で生きた証である はコメントを受け付けていません。