コロナ禍とひきこもり

コロナ禍が社会全体に不安と恐怖をまき散らしています。

まだパニックになっていませんが。このコロナ禍でいままで築いてきた繁栄とささやかな幸福感が喪失するかもしれない危機が私たちすべての人の上にやってきました。かつて疫病と飢饉であらゆる人々に災難が襲いかかる時代がありました。平安時代のことでした。栄華を極めた人もまきこまれたようです。

自宅にとどまるように行政指導がアナウンスされています。私が30年間近く活動をする中であまり一般社会の人々には知られていない「ひきこもり若者自死」があります。同じようなことが今まさに社会の中で起ころうとしています。
コロナ鬱です。喪失感に襲われています。コロナ禍で死に至るよりコロナ鬱で自死する人が圧倒的に多くなることが予想されます。しかし、これは社会全体には表出することはないでしょう。なぜならば若者の自死も見過ごされてきた経緯があるからです。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク