「親の死体と生きる若者たち」を読んでー 中桐康介

『親の「死体」と生きる若者たち』を読んで

 

山田孝明さんの『親の「死体」と生きる若者たち』を読みました。山田さんは長年、ひきこもりの人たちの支援活動に取り組んでおられます。今から7~8年前、ぼくが若者の就労支援として若者の居場所の運営の仕事をしていたころ、お世話になったことがあります。名古屋オレンジの会のシンポジウムにお招きいただいたこともありますし、NPO長居公園元気ネットで開催したシンポジウムにパネラーとして参加していただいたこともありました。それ以来、久しぶりの「再会」です。

『親の「死体」と生きる若者たち』については 同書では高齢の親と同居する40代、50代のひきこもりの問題、「8050問題」に焦点が当てられています。折りしも、川崎市のカリタス小事件や元農水省事務次官による事件があり、社会的にも強く関心を引いていました。ぼくは野宿者の問題にずっと取り組んでいますが、ぼくにとってもひきこもりの問題は「他所事ではない」と思っています。2000年ごろ、ぼくが長居公園での野宿者運動に取り組みはじめたころは、野宿者のなかに20代、30代の若い世代が目立っており、ぼくの関心は自然と若者の就労問題に広がっていきました。その後、縁があって就労支援の仕事をすることになり、いわゆる「ニート」状態の若者に支援に取り組みました。「ニート」状態の若者の中にはひきこもり経験者も少なくなかったですし、現にひきこもり状態にある若者の親からの相談も受けていました。ひきこもりと向き合って、どう寄り添って生きていったらいいのかを考えることは、当時のぼくにとって不可避のことでした。その後、オシテルヤの専従となって訪問介護の仕事を専門にするようになってからは、仕事としては高齢者や障害者に焦点をあてることになりましたので、若者やひきこもりとのかかわりは間接的なものになっていきました。表面上はそのようにぼくが直接にかかわる「対象」は変遷しているのですが、実はずっと「同じことに取り組んでいる」と思っています。ひきこもりに引き寄せて話してみると、野宿している人の中には他人と接することに強烈な不安感を持ち、社会に出て行くことを避けているように見える人もいます。アルミ缶集めなどの仕事をしている人もいれば、収入のない人もいます。精神的な疾患や発達障害が背景にある場合も少なくありません。地域や行政は彼らに「自立」してほしい、あるいは健康な生活を送ってほしいと願ったり期待したりして、主として野宿からの脱却を目的にした「支援」をしようとします。しばしば道路や公園などの管理目的で、お仕着せの「支援」となり、当事者の反発も招きます。ぼくらはただ、彼らを地域の隣人として受け入れ、寄り添いいっしょに生きていける世の中になったらいいと願い、夜回りなどの活動をしています。野宿の人とのかかわりとひきこもりの人とのかかわりが「とてもよく似ている」ことに気づかれると思います。

近年、野宿者は大きく数を減らしました。その大部分は生活保護の運用の改善によるものだと考えられます。一方で、生活保護利用者の孤立も問題として多く語られるようになりました。ぼくらが携わって生活保護を利用して、野宿状態から脱してアパート暮らしを始めた人の中に、様々な理由でひきこもり状態になっている人が少なくありません。その中にはヘルパーなどの福祉制度を利用している人もいますが、そうでもなければなかなか付き合いを続けていくことは簡単じゃありません。それでも不定期に訪問をしたり、年賀状を届けるなどして、か細い付き合いをなんとか続けていこうとしている、といったところが現状です。

若者の就労支援に取り組んで以来、カウンセリング技術を習得したりやキャリアの理論を学んだり(ぼくはキャリア・コンサルタントの国家資格を持っています)、発達障害について専門研修を受けたりしてきました。就労困難や生活困窮状態にある人の中には、精神疾患や発達障害を抱えた人(未診断、医療拒否の人も少なくありません)、非行や犯罪などの逸脱キャリアのある人、複雑な家族関係・経済関係の人などがいます。複数の課題を同時に抱えていることも珍しくありません。そうした人に適切な支援を提供し、なおかついっしょに仕事をする職員やメンバーに過剰な負担をかけないように持続的に支援に取り組んでいくためには、専門的な知識を身につけ、ノウハウを学ぶことは不可欠だと考えています。

しかし学べば学ぶほど、対象者とのかかわりが方法論に偏ってしまうようなところがあり、注意が必要だと常々思っています。アセスメントを徹底しようとすればするほど、カール・ロジャーズの来談者中心療法で言うような「無条件の肯定的態度」から離れていってしまうようなことを感じるのです。そんなとき、夜回りに出て野宿の人と接し、そのありのままを受け入れようとする自分を再確認して、出発点に引き戻ったような気がしてほっとするのです。

山田さんの本を読んで、ひきこもりの人たちのありのままに寄り添う山田さんの姿勢に触れて、そんなことを思いました。

**********

長居公園元気ネットでは山田孝明さんの講演会を準備しようとしています。またコチラでもお知らせします。

 

 

カテゴリー: お知らせ | コメントする

二人の変死体。

東京の大手の新聞記者から電話をもらった。8050問題を背景にある「二人の変死体」を調べていると。私の著書・親の死体と生きる若者たちを読まれたようで、「もう、手遅れだ」という記述が印象的だっと教えてくれた。事件性がなければ警察発表はないだろう。今年の4月ごろ京都市の桂(西京区)でメンバーさんからの連絡で80代の母親と50代の息子さんが亡くなられていたと。発見されたのは死後10日後だろうとおもわれる。もしそうならば屋根の下であっても「野たれ死」に等しいかもしれない。私たちが気がつかないだけで、いたるところで草木が朽ち果てるように亡くなっている人がいるだろう。背景には自立を目指した子供と自立させられなかった親たちの壮絶なひきこもりの苦悩を感じられる。8050問題を貧困問題という人は いわゆる上からの目線で、貧困問題の施策では解決できないだろ。だから私は「もう、手遅れだ」と書いたのだ。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントする

記録して記憶することの一考察。 山田孝明

8月25日京都のライフアートに関西、西日本の関係者が集まり市民の会エスポワールの法人化に向けての総会が開かれた。私にとっても活動に対する色々な考えが整理できた時間ともなった。

高齢化した家族とひきこもりの若者たちへの支援の課題は私たち民間団体としてもとてもむつかしいところがあると考えている。行政機関の方がこの問題に取り組めば支援が速やかに行くかもしれないと。それでも私が8050問題に関わり続けているのは何故かと自らに問いかけてみた。それはこの問題に対して「記録して」「記憶」したいという思いがあるためです。関西、西日本を中心に家族たちの苦しみの声に接して、私自身の無力感と

絶望感を持つ。しかし私のできることは彼らの声を記録して記憶することはできる。戦争末期、特攻兵として戦地に向かう若者たちの家族に宛てた手紙や手記が残されている。記録から後世の人がこの時代がどんな時代であったか考察する手がかりとなるのだ。私はすこしでも多くの方の手紙や手記や見たこと感じたことを残したいとおもっている。屋根はついているが野ざらしのように命を尽き果てた人々の記録と記憶は最も大切だ。何百とも記録したい。私たちが生きた時代がどんな時代だったか後世の人が検証できるように何百という記録を集めたい。

今、私にできることはと問われれば、「記録して」「記憶」することだと答えたい

カテゴリー: お知らせ | コメントする

高知若者を元気にする会にて

カテゴリー: お知らせ | コメントする

福岡 久留米市 町田君の体験発表

カテゴリー: お知らせ | コメントする

せめて老いた親と子が

カテゴリー: お知らせ | コメントする

5月11日 毎日新聞大阪版にて

カテゴリー: お知らせ | コメントする

ひきこもりの方々が親の死に遭遇した時

ひきこもりの方々が親の死に遭遇した時

ひきこもりの子どもが、親が亡くなった時、どうすることもできず、結果として警察に死体遺棄事件として逮捕される、ということが起こっている。例えば、2018年4月に神奈川県で49歳の男性が76歳の母親が亡くなった時、死体遺棄容疑で逮捕された。

 

京都市東山区で全国のひきこもりの方々を支援している山田孝明氏によると、「ひきこもりの人々は、今まで社会に背を向けてきた人たちである。なぜ彼らが親の死に際して、葬式という社会的な儀式をすると考えるのか。」とのことである。

 

たしかに冠婚葬祭とは、最も社会的な活動と言えるだろう。他者の特別な出来事に対して、集まり、祝ったり、弔ったりするのは人間的な行いである。

アリストテレスは、「人間は社会的動物である。」と書いた。

 

しかし、ひきこもりの人々は、結婚式などのお祝い事には、家族・親族から呼ばれず、あるいは呼ばれても行けないというケースもある。前述の山田氏の語るように、なぜ親の葬式だけは行うのが義務とされるのか。

 

必死で生きてきたひきこもりの当事者の方々と親の方々が、親の死という出来事に際し、警察に逮捕されるということは、私は許せない。社会の側も、ひきこもりの方々やその家族の方々に「背を向けてきた」のである。親の死という出来事に限り、社会が引きこもりの方々に介入してきて、罰を与えるというのは、不公平なことではないだろうか。

山田氏によると、山田氏の電話には、引きこもりの方々から、「親が亡くなりました。」という相談がかかってくるという。山田氏の様な支援者に会えているということ、電話ができるくらいのエネルギーがあるというのは不幸中の幸いであると思う。

 

完全に孤独な状態のひきこもりの方々、社会と関わっていないひきこもりの方々が、親の死に際し、どうしたらいいのか分からない、というのは容易に想像ができることである。

私達はひきこもりの方々が親の死という出来事に遭遇した時に、社会から罰せられるのではなく、「葬式という社会的な儀式」ができるように手伝いをしたいと考えている

投稿者 西川 和弘

カテゴリー: お知らせ | コメントする

親の死体と生きる若者たち

時代の叫びに、こころ掻きむしられる日々

 

〈著者紹介〉

山田孝明(やまだ・たかあき)

1953年名古屋で生まれる。

1994年京都市東山区に若者の居場所ライフアートを設立する。京都・大阪・神戸・名古屋と各地に「オレンジの会」を立ち上げる。奥山雅久氏と共にKHJ全国ひきこもり家族連合会を設立する活動に参加する。現在は40代50代のひきこもりの子供を持つ家族に特化して「市民の会 エスポワール京都」を主宰する。京都・名古屋・岡山・兵庫・広島と関西西日本を中心に家族の勉強会・講演活動をしている。

〈書籍情報〉

書 名:『親の「死体」と生きる若者たち』

著 者:山田孝明

定 価:1400円(税別)

判 型:四六判並製 216ページ

ISBN :978-4- 7926- 0651-0

発売日:平成31年3月20日

発 行:株式会社青林堂

※詳細はhttp://www.garo.co.jp/comic/aum.htmlまで

 

〈主な内容〉

  • 統計の対象外になっている40代以上のひきこもりは17万人以上。
  • 社会に認識されない40代50代ひきこもりの親たちのやりきれない思い。
  • 8050問題は、高齢の親を死ぬまで苦しめ、子供も苦しむ。
  • 母と娘が誰にも気づかれず……。孤立する親子の行き着く先。
  • 親が亡くなり、息子は死体遺棄で逮捕。親子心中で懲役刑というケースも!
  • 親より先に死ぬことが親孝行!? 50代ひきこもりの悲痛な本音。
  • 支援活動の現場から。50代ひきこもりも変わることができるか。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社青林堂

Tel:03-5468-7769 Fax:03-5468-7369

Email:japanism@garo.co.jp

担当:上原(かみはら)

 

カテゴリー: お知らせ | コメントする

お蔵入りになったインタビュー記事とその後

「お蔵入りになったインタビュー記事とその後」

 

 

記者として取材させていただき心に深く残った出来事がありました。

山田さんにお誘いいただき某市で開催された8050問題の当事者の集いに

参加しました。そこで出会ったのが、70代の母親Aさんと40代のひきこもりの息子さんです。集いの語りの中で「死ぬような思いでここへ来た」と話す息子さんの言葉が気になり、終わったあと話を聞きに行きました。その時の息子さんは本当に言葉少なな様子。

一方お母様は朗らかで話しやすい雰囲気の方でした。じっくり話を伺うため後日改めてインタビューをお願いします、と厚かましいお願いをしてから1月ほどたち、お母様の取材が実現しました。

しかし聞けば息子さんには一切言わずに来た、くれぐれも伝えないようにとおっしゃいます。人物特定が出来ないよう細心の注意を払って記事化することを約束しました。

そののち1週間程、いよいよ記事にするぞ、という日の朝のことでした。お母様から携帯に電話が入りました。「やっぱり私が話したことは記事にしないでください。もし息子にわかったらどうなるかわからない」。切羽詰また様子にびっくりした私は、インタビューの掲載を取りやめる事を決めました。8050の当事者である親と子がギリギリの状態の中、なんとか踏ん張って生きていることがやっと実感として迫ってきました。残念ではありますがインタビュー記事はお蔵入りとなりました。

ところがそれで終わりではありませんでした。1年近くたったつい最近、とても嬉しいことが起きたのです。

ある夜、また携帯電話が鳴りました。知らない番号です。誰だろう?と思って出てみると

Aさんの息子さんからでした。1年前と打ってかわって声が元気です。そして、家を出て自立しようとしていると話してくださいました、そして取材に応じてもいいと。なんと嬉しいことでしょうか。その数日後には仕事が決まったという連絡もいただきました。

1年のうちに一体どんな変化があったのでしょうか。

「死ぬ思い」で出てきた集いが1つの大きなきっかけであったことは間違いありません。

近くAさん親子に取材に行きます。今度こそ記事が掲載できます。親子の体験談はきっと誰かの背中を押すきっかけにつながるはず、そんな一助になれたらこんなに嬉しいことはありません。

 

(ジャーナリストM・Y)

カテゴリー: お知らせ | コメントする