私は、幼い頃から人と向き合うことができませんでした

私は、幼い頃から人と向き合うことができませんでした。自分の思っていることや気持ちを素直に出すことが、こわくてできずに、周りの人の都合に合わせた自分を作りだし、それを出していたように思います。対等な関係というのが、体でわからないままでいます。
それで、表面上は、人間関係がうまくいっているように見えるのですが、無理やり作った自分を出しているため、どうしても心がボロボロになり、しんどくなって、表情も疲れた憔悴したようになり、人間関係が、苦しくなってしまい、人と会うことに疲れ果て、ひきこもってしまいます。
そのうちに、自分の感情が自分でわからなくなってしまいました。
私は、今、37才になるのですが、人とあまり向き合うことなく生きてきたので、人との距離の取り方や、その場その場におけるふるまいが、わからなくて、自信もないので、人や社会がめちゃくちゃこわいです。人と会うと、精神が押し潰される感覚になります。それが体に出てきて、肩こりになったり、表情がひきつってしまいます。そして、その場にいたたまれなくなって、フッといなくなってしまいます。
高校を卒業するまでは、何とか通えたものの、大学に入ると、履修の仕方など、わからないことが出てきたときに、それを聞けなくて、自分の中だけで抱え込んでしまい、苦しくなって、結局、中退してしまいました。人に甘えたり、頼ったりというのが、すごく抵抗があったのです。
もっと言うと、人の中で安心ができないのです。
山田さんが書かれた『笑いと悲しみと共に生きたい』の中に、「何で俺を産んだのだ 俺の人生返せ」「産んだ親の責任だ。責任とって俺を殺してくれ」とありますが、その言葉にすごく共感しました。時々、強烈に「何で私は、あの親の元に産まれてきたのだろう」と自分を産んだ親に怒りがこみ上げてくることがあります。過去を思い返して、あの時、家族が、自分に、こう接してくれていたら、よかったのにとか、死ぬほど思うことがありますが、思い返しても仕方ないです。一方で私も40代間近になり、親も70代近くなり、親に申し訳ないという気持ちも感じています。今のひきこもっている自分自身を責めてしまいます。いっそ、この世から消えたいとも、思います。
今の私には、死ぬか殺すかの選択肢しか見えてない気がします。
そんな中、『笑いと悲しみと共に生きたい』を読んでいて、色々な方々の苦悩に触れるにつれ、苦しいのは、自分一人ではないのだとわかり、少し楽になりました。
必要なのは、同じことで悩んでいる仲間なのだと思いました。
仲間の中で生きるエネルギーは、つくられるのだと、この本を読んで感じました。
新たな苦悩の誕生を願って。
カテゴリー: 未分類 | 私は、幼い頃から人と向き合うことができませんでした はコメントを受け付けていません。

任意団体 京都オレンジの会の新しい体制

代表 小島 悠祐(元NPO法人オレンジ理事長)

当事者団体として生まれ変わります

24年会の活動のなかで300人を超える人たち(ひきこもり当事者)が集い、社会にむけて飛びたちました。現在は働きはじめた人たちのとまりぎとなり、月1、2回のミーティングや鍋の会や飲み会・カラオケ会をしています。すこしでもネットワークを広げ

人は人で癒されることを実践して生きたいです。

カテゴリー: 未分類 | 任意団体 京都オレンジの会の新しい体制 はコメントを受け付けていません。

任意団体京都オレンジの会提唱 ひきこもり難民登録京都センター設立に向けて

4月28日宇治・心華寺にて40代50代の子を持つ家族の全国交流会(西日本を中心に)が行われました。

その会に、オレンジの会で元気になり、社会的自立にむけて動き出したひきこもり体験者が十数名あつまりました。この会で元オレンジの会代表であった小島悠祐氏より、ひきこもり難民登録センター設立への提案がありました。

カテゴリー: 未分類 | 任意団体京都オレンジの会提唱 ひきこもり難民登録京都センター設立に向けて はコメントを受け付けていません。

宇治 心華寺にて。全国交流会

IMG_1474

カテゴリー: 未分類 | 宇治 心華寺にて。全国交流会 はコメントを受け付けていません。

「笑いと悲しみと共に生きたい」を読んで。

山田 孝明様

「笑いと悲しみとともに生きたい」では、エスポワールの会の親御さんの声が重く目に飛び込んできました。どこにも相談出来ずに、ご自分の産んだ子どもに脅えながら暮らす生活のつらさはどれほどのことでしょう。またひきこもっているご本人自身が、力で訴えてしまうことに深く後悔をされているのでしょうね。山田さんが、親子ともども気持ちを受け止めて長期にわたって活動されていることは簡単ではない上に頭が下がります。しかも、相談を受けると可能な範囲ですぐに動かれていることが印象に残りました。ご本人に会えるまで働きかけ続けることも書かれていますが、山田さんがどのような気持ちで毎回訪問されていらっしゃるのかお聞きしてみたいです。テレビでちょうど訪問の前後の様子を映していましたが、そのやりとり含めてお伺いしたいという気持ちになりました。

また“息子は殺してくれと言っている”で紹介されていたお母様のケースが、その後がどうなったのかが気になります。良い方向に動かれているのならいいのですが、同じようなケースはきっと他にもあるのでしょうね。一家で無理心中のニュースなども見ると、“実はひきこもりの家庭だったのではないか”など考えるようになりました。

石川和宏さんの例は、その中でホッとさせられるものでした。もちろんシングル介護は、ご本人が書かれているように精神的にも肉体的にも負担は大きいものだと思いますが、前を向かれて親孝行をされている姿が目に浮かびました。最後に「実態と実相」という章を書かれていましたが、ニュースはどうしても「実態」を描くことになりがちで、「実相」を伝えられるようなものを目指したいと思います。

後から「輝ける闇の光の中で」を拝読し、上に書きました疑問の答えが少し分かったような気がしました。「訪問」の意味、山田さんが実は訪問には反対と書かれているのに驚きました。でも、“訪問を家族になげかけるのは、社会から孤立しないでほしいというメッセージ”という部分を拝読して、はっとさせられました。どこにも相談出来ずに孤立している家族に出来ることの意味、重さも踏まえた上で、活動していらっしゃるのだと思います。並大抵のことではないとは思いますが、ライフアートを始め、居場所を求めている方のためにこれからも続けていかれるのでしょうね。以上簡単ではありますが、ご著書を読ませて頂いた感想をお送りさせて頂きました。

 

カテゴリー: 未分類 | 「笑いと悲しみと共に生きたい」を読んで。 はコメントを受け付けていません。

「8050問題」孤立・困窮救う対策 朝日新聞 岡山総局

IMG_1398

カテゴリー: 未分類 | 「8050問題」孤立・困窮救う対策 朝日新聞 岡山総局 はコメントを受け付けていません。