秋に泣き、冬に耐え、春には咲いてほしい。

秋に泣き、冬に耐え、春に咲く

KHJ全国ひきこもり家族会連合会の内部について、憂慮する若者から1通のFAXが届いたことで、私はFACE BOOKに意見を書いた。懇意にしていた新聞記者さんや行政機関の人から問い合わせの連絡があった。FAXに書かれたKHJ全国ひきこもり家族会連合会が「乗っ取られる」という言葉に反応したのかもしれない。本質的な活動から程遠い所にいると感じているかもしれない。ただこれは内紛ではなく、わたしがいつも言っていることだが、支援者は変質するのだ。組織も一握りの人に権力が集まれば変質する。民主的な活動を求めていても、愚鈍な大衆が集まる人々を指導するには一部の賢い人がいればいいと思うのは大いなる奢りである。現場を知らないそんな人が施策を提案しても、苦しんでいる人には届かないだろう。

若者の「乗っ取られる」という根拠は、ある特定の人が理事になることを指していた。このある特定の人について2点だけ述べたい。ある特定のひととはジャーナリストの池上正樹氏であることをことわっておく。

一つは、もう十数年前のこと、奥山雅久氏がコミキャンの小西氏と京都に来た時、怒りの形相で「あいつだけは許せない」「俺の目の黒いうちは絶対に組織に出入りさせない」と言っていた。活動の中ではトラブルがつきものだから、よくあることだろう。信頼していたのが裏切られたのかもしれない。ただ奥山氏の怒りは相当なものでした。だから奥山氏が生きていたら決して起こりえなかっただろう。

二つ目は、8年ほど前のころ、夕刊フジにオレンジの会についての記事が載った。よく読んでみると、私たちの会への中傷であることが分かった。オレンジの会に取材の無いまま、相手方の意見を取り入れて書かれていた。私は、事実とは違うので取るに足らないと思っていたが、多くの人の心配な声を聞いて、反論の文章を通信に載せた。これで収束となったが、私は反論を書きたくはなかった。それで明らかに一人の若者が傷つくことが分かっていたからだ。このことからジャーナリストとしての資質にも疑問を感じていた。

このような人は、きっと陰で「あいつは、あの人はこの組織を乗っ取ろうとしている」とささやいているものだ。他の人や自分の気に入らない家族会を攻撃しているものだ。なぜならば自分が乗っ取りたいためだろう。もしこのような言動がなされているなら、人間としての品性も問われるだろう。

FAXをくれた若者に伝えたい、「乗っ取られる」という表現は正しくないのです。

正しくは、活動がジリ貧なのは感じていましたが、KHJは本部内部では疑心暗鬼と腐敗が始まりかけていて、崩壊への道のりが始まっているのです。

地べたはう活動こそ大切だ、という奥山氏の魂の言葉を思い出した。

ライフアート12月号通信 掲載

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク