「8050問題」孤立・困窮救う対策 朝日新聞 岡山総局

IMG_1398

カテゴリー: 未分類 | 「8050問題」孤立・困窮救う対策 朝日新聞 岡山総局 はコメントを受け付けていません。

4月18日(水)毎日放送ニュース番組・ボイス「8050問題を考える」(予定)

4月18日(水)TV放送で8050問題がとりあげられます。

現場の声が聞けます。エスポワール兵庫の活動が取り上げられています。

カテゴリー: 未分類 | 4月18日(水)毎日放送ニュース番組・ボイス「8050問題を考える」(予定) はコメントを受け付けていません。

全国交流会 準備世話人会4月14日(土)

全国交流会の世話人を募集中です。当日参加のボランティアさんも募集中。

pm 4時から打ち合わせを始めます

遅れて来る人も大歓迎。

カテゴリー: 未分類 | 全国交流会 準備世話人会4月14日(土) はコメントを受け付けていません。

春の交流会(西日本を中心にした)

IMG_1165

カテゴリー: 未分類 | 春の交流会(西日本を中心にした) はコメントを受け付けていません。

ひきこもりの発見・介入・見守り、地域の支え合い

IMG_1114

カテゴリー: 未分類 | ひきこもりの発見・介入・見守り、地域の支え合い はコメントを受け付けていません。

二人はハマナスの花となって生まれ変わる。きっとそうにちがいない。

北海道新聞のニュースが届いた。82歳の母親と50歳を過ぎた娘さんとが札幌市内のアパートで衰弱死していたと報道されていた。いわゆる8050問題として支援対策の急務として記事がおおきく書かれていた。私はぼんやりとこの2人の人生の歩みを考えてみたいなと思った。何一つ私は詳しい情報を知らないが、2人がアパートの一室でまるで植物が朽ち果てるかのように亡くなられた事実だけで充分だった。思いをはせるという人間的な気持ちと人間の営みと寄り添っている文学的な要素があれば誰でも理解できるだろう。かつて、村々にある家のかまどから煙が立ち上ってないのを見て為政者は人々の生活が病弊していると感じとったものだ。もしあなたが行政的な立場でいればこれはとても大切な感性だろう。20年前奥山氏(初代KHJ全国家族会代表)とともに全国に家族会の設立を呼びかける活動をした。呼びかに応じて参加したご家族は孤立せずにつながることができたのです。しかしその当時推定実数70万と言われて私たちが組織化できたのはほんの一握りの人数でした。京都の夜、奥山氏と酒を酌み交わすときは、いつも「10数年後には取り残された高齢化した親子が誰にも知られずに餓死しているときがやってくるね」と語り合ったものでした。残念ながら私たちの声は届かなければならないところに届きませんでした


。新聞紙上では対策の急務が叫ばれていますが、正直にいいます、もう手遅れと感じてます。現場を知れば知るほど手遅れだと感じてます。30年間子供を抱え続けて親の気持ち、30年間誰とも心を通わせることなく孤立し続けた当事者の気持ち。だれが二人に寄り添うことできるのだろうか?考えるだけで気が遠くなる。実は「葬送曲」を奏でなければならない時代となったのである。死はかならずやってくる。だからこそ死者たちが生きた人生に敬意を表しなければなりません。魂を鎮める「葬送曲」が必要となった。これから先も、このような死者を見送ることはこれからも30年あるいは50年続くだろう。今日、20代30代の引きこもる若者たちの行政支援をみればさらに絶望せざる得ない現実がある。支援から落ちた若者たちがますます高齢化するだろうから。

いま、もう一度「沈む日本を愛せますか?」と言った作家の言葉を思い出し考えてみた。

(文責 山田)

カテゴリー: 未分類 | 二人はハマナスの花となって生まれ変わる。きっとそうにちがいない。 はコメントを受け付けていません。