藁焼きでカツオのたたきを作りました。

IMG_2644

カテゴリー: 未分類 | 藁焼きでカツオのたたきを作りました。 はコメントを受け付けていません。

8050問題と高齢者虐待

8050問題と高齢者虐待

社会福祉士 本村あけみ

平成18年4月から私は高齢者福祉の分野で仕事をしています。訪問したご家庭でたくさんの高齢者虐待の対応をしてきました。

高齢者虐待で一番多い事例は身体的虐待で,また二番目は経済的虐待または心理的虐待になります。8050問題はわたしにとっては「高齢者虐待」だと考えています。言葉を変えれば50歳を過ぎた子供が高齢化した親を虐待することです。

「ひきこもり」問題に関連した高齢者虐待の事例を紹介させて頂きます。

平成22年の夏,マンションの管理人からの相談でした。夜中に大きな音がする,ドンドンと物を落とすような音がする。母親と長男の世帯で虐待の可能性があるとの通報だった。私が勤務する高齢者支援センターは夜中の対応をしていなかったため,再度,夜中に大きな物音がしたら警察に通報するようにとお願いしました。

通報があったその夜,深夜0時過ぎに警察への通報がありました。

(事前に警察へは通報があればすぐに保護に行くように連絡済み)

被虐待者(虐待をされた人・母親)を警察で一晩保護し,翌朝,高齢者支援センター職員と一緒に警察に被虐待者を迎えに行きました。

このときの被虐待者の年齢は65歳(高齢者虐待の対象者は65歳以上の方。2ヶ月程前に65歳になった方でした)

お会いすると年齢よりも遙かに老けて見受けられました。かなりのおばあさんに見え,歩行もできないくらいに弱っていました。腰椎圧迫骨折をしていたからでした。

顔は殴られたような痣があり紫に腫れあがっており身体的虐待は明らかでした。

母親を保護施設に保護したあと,長男との面会を行いました。そのときの長男からの発言を忘れることはありません。

僕はあんな学校には行きたくなかった」と言ったのでした。

 

この家庭は四人家族でした。父・母・姉・長男(虐待者)。

父は会社員のあとに自営業(不動産業)母は専業主婦,長女・長男の平凡な家庭だったと思われました。しかし,母親は教育熱心だったのだろうか、市郊外の自宅を処分して子どもの有名私立学校入学のためにか市内に転居したのでした。

長女も長男も有名私立中学校・高校を卒業しています。長女は大学に進学したが長男は大学に進学せずに県外で就職していていました。

長男の就職先は出版会社でしたが長続きしませんでした。そして離職後、実家で両親と生活するようになったのです。

虐待が起こしたその年の春に父は他界しました。このころから長男の暴力が始まったようです。

被虐待者が住んでいたマンションから歩いて2~3分の所に整形外科があり、そこへ母は通院していたようでした(このことは後日判明)

圧迫骨折を繰り返し,また,顔にも痣があった時には医者から「虐待」ではないか?と問われ,母は「自分で転倒した」と虐待を否定していました。

私が考えるには自分が育てた大事な子どもに虐待されていることを最後まで否定し続けたのでした。

しかし,命の危険が迫ったとき警察からの「保護します」という呼びかけに「お願いします」と母は応えたでした。

母は「施設に保護していると言わないでください,警察が保護したと伝えてください」と言った。母が決断したときには,もう二度と息子(長男)とは会わないと決心していました。

長男は毎日,夕方から夜中にかけて缶ビール24本(1箱)呑んで、

酔っぱらっては母に暴力を奮っていたのでした。

ピアノを弾いたり,スポーツクラブへ通って水泳をしたり元気だった母が父の死後から急に衰えていく姿が嫌だったと長男は言っていました。

それだけではないだろうと思われました,「あんな学校に行きたくなかった」が本音ではないか感じました。姉と比べられることに対する嫉妬のようなことがあったのではないかと。

子どもの頃の感情を引きずって生きてきて、親子関係の立場が逆になって虐待に至る場面を見たように思いました。親が子供を暴力で支配すれば、当然後年子供から暴力的な支配を受けること必然的かもしれません。親が良かれと思ってしたことや、人生の歯車が狂ったことを修正できずに心の奥深く持ち続けたことで、ふとしたことで「虐待」が始まったのかもしれません。

私自身子育ては難しいと思っています。「ひと」として自立して生きていく力をつける・・とは?

「夢や希望」を持つこと,親が押しつけることなく子ども自身で「夢や希望」を見つけられたら最高に幸せだと思います。子どもの「夢・希望」を応援するのが親と思います。

 

カテゴリー: 未分類 | 8050問題と高齢者虐待 はコメントを受け付けていません。

旅に出ている しんちゃん

IMG_2550

カテゴリー: 未分類 | 旅に出ている しんちゃん はコメントを受け付けていません。

新しい器には 新しい酒を。

任意団体・京都オレンジの会の呼びかけで京都・滋賀の地域を連携して

新しい家族会立ち上げました。「京滋家族の会」です。現在32名の登録会員とともに

参加された家族の発展と社会に提言できるように研鑽します。(世話人代表 高松美千子)

京滋家族の会 075-751-7276

IMG_2492

カテゴリー: 未分類 | 新しい器には 新しい酒を。 はコメントを受け付けていません。

夜明け前のひととき

IMG_2501

カテゴリー: 未分類 | 夜明け前のひととき はコメントを受け付けていません。

人間模様に触れるといううこと

 

人間模様に触れるということ

 

大学院生 吉原 華代

𠮷原華代さんは社会福祉協議会に勤めたる傍ら大学院に進み勉学研鑽中

研究課題は「ひきこもりの回復過程」です。34歳。

 

内閣府は、ひきこもりを「半年以上にわたり、趣味の用事やコンビニなどに出掛ける意以外に外出しない人」と定義し、15~39歳では約54万に上るとの推計結果を2016年9月に公表した。期間は7年以上が約35%で長期化や高齢化が進んでおり、本年度に40歳以上を対象とした初の実態調査に乗り出すこととし、ひきこもり状態に陥いった期間の長期化を危惧している。

それを受けて、20数年ひきこもり状態に陥った子をもつある70代母親は、「国は調査をしてからでないと動いてくれない。実数がないと、施策の打ち出しもしてくれない。その間に、また1年、子も親も齢をとる。私たちには時間がないんです。」と話す。刻々と流れていく日常の中、ひきこもりになった子を救えていない自身への苛立ちを、誰か解消してくれ欲しい。自身が救えない不甲斐なさを、誰かに手を差し伸べて良いものか、いろんな気持ちを抱えており、整理がつかず持っていきようのない気持ちが言葉に詰まっていた。やっと国が動き始めたと安堵する気配は無かった。全国各地で家族問題が発端になった悲惨な事件も後を絶たない、家族会に属していても月1回の会にすら参加できない、また子の今の状態に対して諦めている家族、諦めざるを得なかった家族も少なくないことが物語っている。

 

日本は家族主義が強いとされており、代々の家訓や両親に対する敬意を持つことは美徳とされてきた。家族主義が強いことが、ひきこもりが長期化する要因とも言われている。そんな背景の中、実際は、親は親で悩み、子は自身で孤独や不安でいっぱいの気持ちを抱え込んでいる。お互いが物理的に近い距離にありながらも、お互いの腹の中が解らず、双方の間で目には見えない壁が年月とともに厚くなる。

「きっと親は働いて欲しいと思っていると思いますよ」と23年ひきこもっている子は話す。親は「働いて欲しいことはひきこもり始めた頃には、叱責しながら言い放った言葉でもあった。」と話すが、その後に続けて、(親は)「長期化する中で、働くよりも、まずは顔を見せてほしい、一緒にご飯を食べたい、部屋を掃除してほしい。本人(子)が一番しんどいと思うんです。」と話す。幼い時に見せた屈託のない表情だった我が子が、再び日常的な生活を送れることを望んでいる。ライフアートに相談に来られる親は、親として子に向き合おうと必死であり、もうこれがこの子にできる最初で最後だと決意をしつつも、将来への不安は拭えない表情であった。子が産まれた時に、親は親になると言われているが、ここでは、親が親になるために、苦しさと微かな望みを持ちながら、必死に親になろうと力を振り絞っている様を垣間見た。

 

ライフアートを尋ねて

私自身、支援者として10数年を迎える中、数多くの相談を対応していくことで、相談スキルにつながり活動してゆけるものだと思っていました。しかし、近年においては8050問題として、本人の支援だけでなく親の病気や介護、経済的困窮などの複合的な課題が指摘されており、解決への道のりには遠いと感じることが多々ありました。支援者がひきこもり状態にある子や親から相談を受けたさいに、対応していくことができるヒントになるものを作りたいと考えました。大学院に進学し、ライフアートでの活動を見学し学ばせて頂きました。

猛暑が続く平成30年8月、京都市東山区三条の道路から、古都京都の町家に入り込んだと錯覚に一瞬陥った先に、茶色の木製引き戸の“ライフアート”を尋ねました。

実際にひきこもっていた時の生活や親との関係性、そして一番しんどかった気持ち等を数名の方にインタビューさせて頂きました。ひきこもり当事者や経験者に、当時のことを語って頂き考察分析をする研究に、大学内では難色を示されていましたが、どの方も予定よりも長い時間と内容も想定するよりも掘り下げた事を語って頂けました。二度と思い出したくない過去の出来事として忘れたい気持ちに対して、その時があったから今があると肯定している気持ちが溢れている方や、未だに不安はいっぱいあるが、過去を話すことで現在の自分に繋がったことを肯定はしたいけど、未だ受け入れられないと一生懸命にもがく気持ちで溢れている方がいました。

 

ここでの学びは、一支援者においても大きな気づきになりました。私たちは、精神的なダメージは精神科病院やクリニックで対処していただき、そこへの繋ぎをすることが業務として行っている部分があります。しかし、対人関係で傷つき、回復していくためには、仲間の存在は欠かせません。同じ体験をしたという仲間ではなく、体験してきた内容を共有できる存在です。辛い体験をしてきたことは、思い出すことも身を裂かれる思いになります。過去を自分自身で回想して人に話し、「よく頑張ったね」「しんどかったね」「話してくれてありがとう」といった言葉を交わすことで、本人の力になることを知りました。かつては、対人恐怖と思っていた本人が、大勢の対人を前に自分自身のことを話す。誰もが出来ることではありません。

 

ライフアートに行くまでに、イシス出版の発行する書籍も拝読していましたが、理解できているのか、出来ていないのか正直解らない自分がありました。語ることで、人は元気になれるのだろうか?と。疑問でもありました。

 

ライフアートには、ゆったりとした時間が流れています。一人一人が、自身と向き合おうとしている姿は、私自身の気持ちにも前向きにさせてくれます。人が頑張る姿を、人がそっと見守り、受け入れる。足を運ぶたびに、気持ちが強くなれる場所であることを確認できました。

自分が自分であることを一人一人が必死に向き合おうとしている瞬間を共有させて頂けたことに、本当に感謝しています。暗闇の路地をぬけて光がさしこんでiいるところにライフアートがありました。

カテゴリー: 未分類 | 人間模様に触れるといううこと はコメントを受け付けていません。