他者を求めるシンプルな感情

他者を求めるシンプルな感情

 

今日は午後から京都東山にある蹴上(けあげ)インクラインを歩いてきた。そこは琵琶湖疏水路の途中、大きな高低差のある場所で物資を運ぶために船を台車に載せて運ぶために運転されていた傾斜鉄道で、今は水運の衰退で廃止されている。

そこを歩いている途中にふと寂しさを感じた。他者を求めるとてもシンプルな感情が湧いてしまった。こんな単純な承認回路への入り口があったのだと思いだした。これは思考的なものではなく感情らしいなと感じた。社会的な生き物である上では仕方なさを感じるし、それを一人で味わうしかないのだろうと、大事な事なのだろうと思った。環境に慣れだして心にそういう余裕が出来たということだろうか。

そして、僕の感じていた「嫌なもやもやしてきた熱さ」は抑圧やら言い訳やらなんやらに蓋をされたシンプルな感情だったのだと思う。

カテゴリー: お知らせ | 他者を求めるシンプルな感情 はコメントを受け付けていません。

京都に来て11日間が経った。    トニー(投稿者)

「眠れない」というのは、ただ眠れないというだけ。眠れないから眠れないのであって、理由は勝手に作るのかもしれない。

過去の自分がどうこうと考える時間もなく生活はやることがちゃんと有ってくれる。

京都へ来て3日目か4日目の朝に、抱えていた不安と途方もなさや環境への変化に対応するための緊張で一度ガタっと疲れが出たが、その日の昼前には予定していた哲学の道経由での銀閣寺行きを決行出来た。出来たというより、「やってしまえ」という気概が何故か湧いた。

今日でライフアートを拠点とした京都滞在が11日目を迎えて少しずつ適応に伴い前向きにさせてくれる環境であると感じている。

昨日はライフアートでの家族会に招待され、僕が親御さん達に僕の思いや考えていることを話す機会を山田さんが作ってくれた。同席していた町田弘樹さんの助けもあり、平静を保ち、あまり話が狭くならずに聞いて頂いている方々に分かりやすい言葉や内容でお話が出来たと思っている。最初から最後まで話の着地点を見失わずに話せたのは少し自信になったと共に、この環境が僕を締め付けるような他者性を持たないことも大きく影響しているのだろうと感じた。皆さんが僕の話を聞いてくれて、最後には「少し希望が持てた」というご感想もある親御さんから頂き嬉しかった。それは僕の話を通してご自分のお子さんの気持ちというか、考えている事の手触りを感じてもらった事だと思っている。僕は僕で、あまり独りよがりにならない言葉や内容を選んで発言出来ていたと思う。

家族会で自分が発言した内容に関して重要で印象的だと思ったことは、頭(思考優位)からの動機ではなく、心や体の方へ動機を移していったらどうか、とういう事だった。引きこもっていると、過去や自分へのこだわり、環境や思考パターンの固定や依存で身動きが取れなくなり、それにより「今」への感覚に接続出来なくなる。直観というか、そういうものに。そうするとその時の行動パターンはやはり過去に支配されていることになると思うので、シンプルに観て感じ行動している事への移行がとても重要になってくる。

僕は承認というものに関係ない所にそれは多く属していると感じている。ただ生きるために料理は必要で食べる行為が豊かになるし、掃除や洗濯だって出来るだけ快適に過ごせるように必要だと思う。

そして、京都は歩き観て楽しむにはとても恵まれた環境なので、心と体が元気を取り戻していると感じる。たまに山田さんが飲みに連れて行ってくれるBarの雰囲気やお気に入りの黒ビールを飲むこともそうだ。それは「今を味わう」ということになるだろうけど、「今」をそのまま観たり、それを味わうことが元気になれる第一歩かもしれない。

元気になれるというのは、現実で身体的な主体性を持つことから始まり、承認を他者から自分が求めていない状態から始まるのではないかと思っている。

昨日の午前中には山田さんと2人で大文字山へ登ってきた。その山頂で俯瞰した京都の街は広すぎて、家やその他の大きな建物が所狭しと並んでいて、その中の点の1つに僕が居たという実感も湧かないほどに全てが見渡せた。とても圧倒される光景で、どこか清々しかった。

京都の木造建築を観て圧倒さる事も、鴨川沿いを歩きその河川敷で枝垂桜とその木漏れ日を観て静かに感動するのも承認欲とは無縁で自由だ。

何となく、承認欲って頭(思考優位)が先なのだろうと後で思った。何故こんな簡単なことに気付かなかったのかと思うのだが、その渦中にいてそこで心が嫌な熱さを保っている時には例外なく気付かないものだ。

山田さんのご協力の下、心と体に動機を取り戻せる力が京都にあるのかもしれないし、やはり山田さんの力なのかもしれないし、と思っている。

カテゴリー: お知らせ | 京都に来て11日間が経った。    トニー(投稿者) はコメントを受け付けていません。

自分の脆弱性と向き合えたこと。   トニーが書いた。

自分の脆弱性と向き合えたこと

色んな勘違いやとても個人的な思いがあり、住んでいた実家から遠い京都へやってきた。すがる思いというか、自分を慣れた環境から切り離してシンプルな実感が欲しかった。あまり何も考えずに京都に来た。

今の時期は観光客でいっぱいなのは知っていたけど、それで困るというほどでもなく、全然知らない人たちだから気が楽だ。一番の敵はやはり自分であった。部屋の埃を気にしすぎ、使い慣れていないユニットバスに抵抗があり初日の夜はシャワーも浴びずに寝てしまった。

到着した初日の夜に、山田さんがそのままとあるBarへ連れていってくれた。「アフターダーク」というクラフトビールを注文して飲んだらこれがやたら旨かった。オーナーが「コーヒーのような味わいを楽しめる」という様な説明をしてくれたが、本当だった。コーヒー好きな僕にとってはその「アフターダーク」という黒ビールが、本当にビールなのか疑わしい程にいい意味で裏切られた。

話が最初に戻るが、本当に一つ固い動機はシンプルに実感が欲しかったのだと思う。それは、いまやただ京都という環境に翻弄されている虫けらの様な実感であった。というか、これが本当の僕自身なのだと知ることが出来た。今日、二日目の日中は近場の散策をした。途中まで山田さんが同行してくれて、あとは山田さんが書いてくれた簡単な地図を頼りにそれを大まかな目安として、そしてなるべく自分の行きたい方へ心がけて、それは白川沿いを歩くことになったのだが、表通りとは打って変わり人の行き来もまばらだった。

どこをどのように歩んできたかは記憶に無いが、「知恩院」に行き着く。途中、新入生らしき学生の列を見て、もっと前は新しい社会の節目のこの季節が嫌でたまらなかったことを思い出したが、今の僕はあまりそこに感じ入ることもなく、それよりは今の僕自身が途方に暮れていることを不安の中でほんの少し楽しんでいる様な、どこかそれを誇っている様な気がしていた。主体性の脆弱さを、人としての弱さを全身に感じている「まともな自分」と出会えたことが、それが今の僕の目的だったのかもしれない。いわゆる愉快とか楽しいとかではなく、華やぐ京都の街中で「脆弱さ」がうろついていた様な感じだ。

 

カテゴリー: お知らせ | 自分の脆弱性と向き合えたこと。   トニーが書いた。 はコメントを受け付けていません。

石垣ツアーに行きました。3月17日から3月25日まで

カテゴリー: お知らせ | 石垣ツアーに行きました。3月17日から3月25日まで はコメントを受け付けていません。

今日は炊き込みご飯をつくりました。

カテゴリー: お知らせ | 今日は炊き込みご飯をつくりました。 はコメントを受け付けていません。

コミュニケーションの力がついた。

ライフアートに参加させて頂いてから、6、7年がたちました。その間、昼のランチ作りや、配送品の住所書き・詰める作業をやらせて頂いたり、皆でトランプや麻雀等のゲームをしたり、話をしたりということをしてきました。

7年前、初めてライフアートに入った頃は、まったく人に話しかけるということができなくなっていました。しかし、ほかのメンバーの方々から色々と話しかけて頂いて、なんとか会話に参加するということをしばらくやっていると、だんだんとこちらから話しかけるということもできるようになりました。現在では、本屋で探している本が見当たらない時に、店員さんに話しかけるというようなこともできるようになりました。

私は、ライフアートに参加する以前に、5、6年ほど家族以外と話していない期間があります。そうすると、やはり人と話すということ自体に緊張してしまったり、プレッシャーを感じてしまったりということが確かにあったと思います。ライフアートに参加して、ほかのメンバーの方々とあいさつをしたり、話をするということが、いわばリハビリのような効果があるのではないかと思っています。

例えば、サポートステーションやジョブカフェといった、ハローワークの前段階を体験できる施設に通うというような場合でも、そこの職員さんやほかの参加者たちと話をする機会は必ずあると思います。ライフアートで人と話す経験をした上で、これらの施設に行くという道すじも良いと思います。

最近、ライフアートでは、外の職場で働かれている方が多くなりました。仕事をされていると、常にライフアートにいらっしゃるというわけではありませんが、夏のバーベキューや冬のクリスマス会といったイベントには、よく来ていらっしゃいます。外で働かれている方の話を聞くことは、いざアルバイトやパートで働こうといった場合に必ず役に立ちます。皆さん、ひきこもりの経験者であり、ライフアートで時間を過ごされた方々なので、こちらがうまく話せなくても大丈夫です。

ライフアートで人と話すことに慣れるということは、色々良いことがあります。過去の私のように、人と話すことに緊張するという方、ライフアートへ来てみませんか。

カテゴリー: お知らせ | コミュニケーションの力がついた。 はコメントを受け付けていません。

大西さんの歓迎会 僕たちの木屋町

カテゴリー: お知らせ | 大西さんの歓迎会 僕たちの木屋町 はコメントを受け付けていません。

クリスマス会 12月16日 ライフアートにて

カテゴリー: お知らせ | クリスマス会 12月16日 ライフアートにて はコメントを受け付けていません。

昨日はバードウオチングに行きました。

カテゴリー: お知らせ | 昨日はバードウオチングに行きました。 はコメントを受け付けていません。

紙に書かれた文字は彼が一人で生きた証である

今年の10月の中旬頃横浜市金沢区で起きた、自宅に母親の死体遺棄 ひきこもりの49歳長男逮捕、、、、筆談で「人と話すのが怖い」という事件が報道された。

このニュースが報道されて、多くの人がまたいろいろと考えるきっかけとなったことは明らかであろう。私もまた考えさせられた。一つは彼が緘黙症になって生活をし続けたことである。取調べにおいても筆談でコミュニケーションをしたみたいで、当然母親が倒れても、どう人に助けを求めていいかわからなかったことは理解ができる。しかし、法律は法律として存在している。敢えて私が言いたいのは、このような出来事が日本全国至るところで、毎週のように報道され始めるだろう。それも数年の間続くだろう。事件の報道が決して抑止力にならず、人々の心の荒廃がさらに進むだろう。生きている意味への問いかけさえむなしくなるだろう。私はもう手遅れだと思っている。来るところまできた。長年のひきこもりの支援って何だったのかと叫ぶのも辛い。

二つ目は、彼は今なお一人なのだろうか?もし、このようなことが京都市で起これば、市民の会エスポワールはすぐに彼に面会を求めるだろう。検察は不起訴処分として彼を社会にまた向き合わせようとするが、彼が一人ぼっちならさらに悲劇だ。警察の配慮で行政の福祉課とつながれば幸いなことだが、もしそうでなければ彼が社会でサポートが受けられるように私たちの会が活動をしなければならないだろう。横浜市にも家族会があるだろう。ましてや東京はじめ有力な会が存在している。母親の死によって、社会の介入がたとえ警察であっても、彼という存在が発見されたのである。まず駆けつけねばならないだろう。そんなことをしないでどのような施策を訴えることができるのだろうか。

紙に書かれた文字は彼が一人で生き続けたことの証である。という意味をしっかりと考えたい。

カテゴリー: お知らせ | 紙に書かれた文字は彼が一人で生きた証である はコメントを受け付けていません。